ほうれい線を消すための対策

ほうれい線を消すための対策

口周りの対策は、ふぐのように頬を膨らませて10秒キープをします。ポイントは口の周りの筋肉が張るぐらいしっかりと息を入れる事で、これで口の周りの筋肉である口輪筋が鍛えられます。表情を和らげるには、あいうえおと口を大きく開けながらゆっくりと発生を行います。

 

5秒程キープをして、3回繰り返します。目を細めて眉間にしわを寄せて口をすぼめて、声を出します。声を出しながら目を大きく見開いて、口を大きく開けて笑い顔を作ります。これらは手軽に出来るので、仕事の合間等の空いた時間に簡単に行えます。

 

顔のコリをほぐすためには、筋肉をほぐして血行を良くしていきます。口角を上げる時に使われる小頬骨筋と大頬骨筋という筋肉があり、これらの筋肉の弾力がなくなるとほうれい線が目立ちます。この筋肉をほぐすと弾力を取り戻す事が出来、口の中に指を入れるので入浴中か歯磨きの時に行うのがお勧めです。親指を歯茎と顔の筋肉の間に入れて頬の上から人差し指と中指を使って、親指で小頬骨筋の黒目に近い部分を挟みます。

 

人差し指と中指を優しく左右に動かして、顔の筋肉を緩めていきます。右手で左の頬を、左手で右の頬を行います。爪で頬を傷付けないように、気を付けます。

 

 

ほうれい線を作らないコツ

ほうれい線を作らないためには、コラーゲン繊維とエラスチンが紫外線を浴びると脆弱にして肌をたるませてしまい出来るので紫外線を浴び過ぎない事です。紫外線は天気に関係なく、窓ガラス等からも降り注がれています。どこにいても浴びるので、日焼け止めを塗るのを忘れないように注意をします。

 

日焼け止めは薄く3度塗りがお勧めで、1度塗りでは表示されている5分の1から4分の1しか効果が発揮されないので、3度塗ると効果が現れます。日焼けに気を付けていても、タバコを吸ってしまうと意味がなくなります。

 

タバコは活性酸素を発生させるので、抹消循環と肌の代謝を悪くさせてしまいます。シワを増やしてしまうので、タバコはなるべく吸わないようにします。成長ホルモンは加齢とともに減少していき、良質な睡眠と定期的な運動を行うと分泌されます。肌のハリを保って、ほうれい線を予防するのに役立ちます。また肥満でいると、頬が脂肪の重さで垂れ下がってほうれい線を作る原因にもなります。

 

そのために、運動を行って肥満にならないように気を付けます。肥満の場合は、食事にも気を付けて脂肪や糖分等は摂り過ぎない事も大切です。しかし無理なダイエットはシワを作るので、月2.3キロ減るくらいがベストです。

 

 

たるみに効果のある美容クリームの選び方

たるみに効果のある美容クリームには、肌のターンオーバーが回復するまでの間に肌を乾燥から守るために使用するクリームです。肌の水分が減少している時に、保湿をするのに用いります。もう1つは、肌自体の弾力や保湿力を回復させるために使用するクリームで、自分の肌に合ったクリームを選ぶ事です。

 

肌の水分を保持するには、ヒアルロン酸とセラミドが重要です。肌の角質層にある細胞間脂質の主成分で、水分や油分を抱え込む働きがあります。ヒアルロン酸は肌の真皮にあり、コラーゲンとエラスチンの間にあるゼリーでムコ多糖類の1つで水分保湿力に優れています。

 

どちらの成分も、保湿力に優れているので欠かせないです。皮膚の弾力を高める成分は、トレチノインです。ビタミンAの化合物で角質を剥離して、メラニン色素を皮膚表面に押し出してシミを改善したりコラーゲンやヒアルロン酸を増やすのでシワやたるみが改善出来ます。

 

トレチノインが配合されているクリームがあるり、化粧品であるの皮膚科が薬として使っているものよりも効果がマイルドになっています。このため、使い過ぎてしまう心配がいらないです。薬局で販売されているので、手軽に購入が出来るのもメリットです。