シワの原因について考える【加齢以外も原因が!?】

シワの原因について考える

年齢と共に気になる「シワ」。その根本的な原因は「皮膚の衰え」からくるもの。
皮膚の表面や内側が年齢と共に衰え、ハリ・弾力が失われることで発生するのです。
このシワの具体的原因についてまとめました。

 

・光老化
紫外線を受けることで、皮膚のコラーゲンを切断する酵素やエラスチンを変性させる酵素が発生します。コラーゲンやエラスチンは肌のハリ・弾力を保っている物質です。若い頃は、新しくコラーゲンやエラスチンを作る能力が盛んなためシワになりませんが、年齢を重ねた肌は新しい線維を作る力が衰えてくるため、シワとして蓄積されてしまうのです。

 

・肌の酸化
紫外線やストレス、喫煙などで活性酸素は肌にも発生します。肌にある脂質が活性酸素により「過酸化脂質」となり、細胞膜を破壊し、コラーゲンやエラスチンを変性させてしまいます。酸化=老化とも言われており、こちらもシワの原因となるのです。

 

・乾燥の原因
肌が乾燥すると、角質層の表面が乾いて剥がれやすくなり、隙間ができてきます。この隙間から水分が蒸発してしまい、肌は硬くなってしまいます。硬い肌は乾燥小ジワができやすくなります。

 

・表情による原因
笑顔、しかめ面など、表情によるクセがシワになることもあります。老化して衰えた肌は表情でできたシワが戻りづらく、眉間や目尻、額などにシワとして残ってしまいます。ほうれい線も表情によるシワのひとつですね。

 

 

緊張感が顔のたるみを改善するかも?!

頬がたるんできたらスキンケアを始めましょう。本当なら肌がたるむ前にスキンケアをしておくべきですが、やることが多い人はスキンケアに手が回らないこともあります。スキンケアを続けている人にも肌のたるみが出るので自分を責めることはありません。

 

肌にたるみが出てきたと感じたら顔を隠すのはやめてみましょう。これはよくあることで私が気になっていることのひとつです。顔にたるみが出ると髪型を変えて、顔に髪が当たるような顔を隠すような髪型にする女性が少なくないのです。

 

老けて見える部分を隠したくなる女性の心理が分からないわけじゃありません。誰だって自分の欠点や見られたくないところを隠したくなるでしょう。ですが、欠点を隠しているとその欠点は改善されません・・・。

 

たとえば脚が太くて悩んでいる女性は脚を隠すファッションをしたがりミニスカートははきませんね。太い脚をどうやって隠すか、どうやってスタイル良く見せるか・・・考えがそういう方向へ行ってしまうのです。でも、脚を隠すファッションばかりしていると脚は細くなりませんし太くなる可能性が高いのです。

 

顔のたるみが出ても顔を出すヘアスタイルにしてみましょう。緊張感が顔を変えてくれますよ。

 

 

シワにも良いシワとそうではないシワがあります

顔にシワができると、自分ももうそういう年齢なんだな・・・と思います。若い頃は顔にシワなんてありませんから、真顔の状態でシワがあちこちに見えると若くないんだなと少し落ち込んでしまいます。ほうれい線は笑えば出るシワのひとつなのであまり気にする必要はないですが、たとえば目尻に出る小じわやおでこにちらほら出る横ジワは少しショックですね。

 

しかし、こういうシワでも良いシワだと言われることもあります。良いシワだと言われる代表は目尻に現れる小じわでしょうか・・・。このシワは「笑いジワ」と言われ、よく笑う人に出る小じわとされているので悪い意味に捉えることはないかもしれません。

 

とにかく考え方次第で顔のシワはどのようにも捉えることができます。目尻に小じわがある人を見ているとよく笑うことに気づいたり、性格が穏やかで常に笑っているイメージがあるものです。それはその人の個性ですがシワだって個性です。その人の人となりを作っているひとつの個性だと思っていいと思います。

 

それでもスキンケアを続けているとシワが深くなることは避けられるかもしれないのでできる努力は続けていきたいですね。シワがあっても魅力的な顔でいられると自信を持ちましょう。

 

 

肌のシミたるみの変化に驚かないで

肌のたるみやシミ問題が出てきてもそれは特別なことではないので思い詰めないようにしましょう。まず、肌にたるみやシミが出てくるのはごく自然な肌の変化です。毛穴が開くことで肌のたるみが起ります。シミは生まれてから今に至るまでの日焼けや紫外線を吸収した量によって早く出てきたり遅く出てきたりします。

 

こういう肌の変化は誰にでも起ることです。遅かれ早かれ肌に変化が起きるのでまずそこで少し落ち着きましょう・・・。それからシミやたるみをどうやってケアするか考えれば良いのです。今ではスキンケア製品があふれるほどありますので、その中で何を選ぶのかそこが問題になると思います。

 

これだけスキンケア製品があると何かひとつ選び出すのが大変です。数が少ないなら容易に選び出せますが、これだけ種類があると迷って当たり前です。あまりにも迷う場合は自分の年齢にあった基礎化粧品を選ぶと無難ですよ。最近では30代肌用とか40代肌用なんて年齢別になっている基礎化粧品が増えてきたので、そこに注目すれば選びやすいと思います。

 

あとは選んだ基礎化粧品を信用して毎日きちんと使うことです。基礎化粧品も使ったり使わなかったりするより毎日使っている方が効果的です。

 

 

年齢だからと言ってシワやたるみを諦めていませんか?

加齢と共に肌にハリや潤いが無くなり、シワやたるみなども出て悩んでいる方は多いと思います。

 

肌の曲がり角を過ぎたら、エイジングケアは欠かせないものです。肌の老化を予防したり改善するには、色々な方法がありますが肌に不足した物を補給するのが一番のケアです。

 

肌にハリが無くなるとシワやたるみが出てしまうので、肌に潤いを与えみずみずしいしい状態にすることが大切です。
その為には、コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミン類などが含まれた美容商品を利用するのが効果的です。

 

ビタミン類の中でもビタミンEは、細胞の老化を早める原因の活性酸素を抑制する、抗酸化作用があるので、アンチエイジングには使用したい成分です。
また、肌にハリを出すにはコラーゲンを与えることが大切なので、吸収性の高いコラーゲンを使用した商品を選ぶのがおすすめです。

 

話題になっている、スキンケアクリームナノアルファという商品は、コラーゲンが肌のコラーゲンと同じ構造になっているので、保水性が高く加熱したコラーゲンと比較すると、潤い力に格段の差が出ます。

 

肌に馴染むコラーゲンを使用すると、肌にハリを与えシワやたるみの改善に効果が期待できるので、毎日のスキンケアにナノアルファを使用する方法もおすすめできす。

 

 

たるみを改善するためにはリンパをマッサージ

年齢を重ねていくと気になってくるのが顔周りや首周りのたるみです。たるみのせいで外に出るのが恥ずかしくなったり、どう見られるかが不安だという方もいると思います。そのたるみを改善するためにクリームなども販売されているのですが、私はこれだけでなくマッサージも一緒にすることをおすすめします。

 

特にリンパを意識したマッサージをすると効果がでやすいです。リンパをマッサージすること多くででてくるリンパ液は体の老廃物や脂肪などを運ぶ役割を持っています。このリンパ液が多く流れていないと老廃物が溜まってしまいたるみの原因となってしまうのです。さらにマッサージをすることで血液の流れがよくなり、顔周りなどに栄養をきちんと送ることができ、肌ツヤを維持することができるのです。

 

マッサージの仕方なのですが、耳後ろから首下までのリンパ線をゆっくり押しながらさげるという風にしていってください。さらに気になるところを一緒にマッサージをしてあげることによって、効果がより期待することができます。

 

このマッサージは美容クリームを塗りながらすると両方の効果が上がりますし、時間も短縮できるので一石二鳥です。私はクリームのみのときよりこの二つを同時にしているときの方が肌のたるみが改善されたのでおすすめです。

 

たるみはすぐには良くならないので、辛抱強く続けることが大切です。

 

 

【あわせて読みたい】ニッピの生コラーゲン!ナノアルファのお試し結果は!?

更新履歴